本帰国後の日々

本帰国後は「光陰矢の如し」 記憶を記録に残しておこう

 元駐夫です。

 本帰国から、早いもので半年近くが経過しました。

 一言で感想を言えば、まさに「光陰矢の如し」 (月日の過ぎていくのは、飛ぶ矢のように早い。歳月のたつのが早いことのたとえ。※コトバンクより)

 いやぁ、本当に早いです。そして、濁流に呑み込まれるように現実の生活に引き戻されていきます。抗おうと思っても、もはや厳しいですし、ムリな面が大です。慣れ親しんだ便利な環境に元通りに適応する過程で、米国で過ごしたかけがえのない日々について、色々なことを忘れていきます。

 これ、、、残念ながら、現実です。

 米国在住時、本帰国した人からよく聞いていた言葉「NYマジックが解けるのは、あっという間」「夢のような日々に感じる」「米国ステーキやベーグル、極大ハンバーガーが食べたい」etcを、まさに突き進んでいます。

 向こうでの生活は現実そのものでしたが、日本での生活はその上をいく現実なんですよね。

 後から振り返ると、異国での暮らしは現実なんですけど、やはり夢のような毎日だったんだなぁ、と思う次第です。

 ところで、、、

 人の記憶ほど、曖昧なものはありません。

 異国で過ごした得がたい日々の記憶を記録に残しておかないと、頭の中の記憶はどんどん上書き保存されるか、消えてなくなっていきます。

 渡米前、米国勤務がある知人と飲んでる時に言われた「とにかく、記録に残しておいた方がいいよ。忘れるから。。」との言葉を今さらながら思い出します。

 私は、記録に残していたツールとして、

 ・このブログ

 ・毎日記していた日記

 ・毎日何かしら撮影していた写真

 ・日経DUAL https://dual.nikkei.com/atcl/column/17/071000107/

  プレジデント

https://president.jp/list/woman/author/%E5%B0%8F%E8%A5%BF%20%E4%B8%80%E7%A6%8E

・フェイスブック https://www.facebook.com/kazuyoshi.konishi.5

 ツイッター、インスタなどのSNSがあります。

  

 ブログはそれなりに書いていた感がありましたが、あらためて見返してみると、それほど書いてないんですよね。どんな些細なことでも良いから、もっと書き残しておけば良かったと思います。後悔先に立たず、とはよく言ったものです。

 もう半年、まだ半年。これらの記録を改めて、何かにまとめておこうと考えています。自分のためでもありますし、パートナー、家族のためでもあります。

 これから海外に住む方、今住んでいる方は、どういう形であれ、いろいろ記録に残しておいた方がいいですよ。いずれ、本帰国してしまっても、記録が記憶を鮮明に引き戻してくれます。

 私同様に本帰国してしまった方、今からでも遅くありません。日本での日々の暮らしを過ごしながら、記録に残したり、残していた記録を集約した方がいいですよ。

 私からの「tips」として、強くおススメします!

ABOUT ME
ちゅうおっと
ご連絡・問い合わせ等々は、konishi@muj.biglobe.ne.jp までお願いします。
関連記事
error: Content is protected !!