日経DUAL連載

日経DUAL連載・その13

 駐夫です。

 2週間の一時帰国を終え、無事帰米しました。

 ダブル七五三を無事執り行い、美味しい食事を連日堪能し、夢のような日々でした。相も変わらず、時間が戻る時差ボケを回復するのはなかなか難しいもの。午後のおやつの時間になると、ひたすら眠気と闘っています。

 日経DUAL、連載13回目は、子どもの学校を通じて知り得た米国教育の実情を描きました。

 文中にもある通り、9月から長女・長男とも現地校に通っています。当面は、泣き叫び、行きたくない病に陥り、正面から向き合うことを覚悟していましたが、意外や意外、あっさりと適応してくれて、いささか拍子抜けの側面もあります。

 さらには、大学入学直後に、初めて「帰国子女」という言葉、存在を知り、実際に相対し、感じたことが、いかに誤った認識だったことか。わが子を現地校に行かせて、初めて痛感しています。

 そんなこんなを書き連ねれています。

 どうぞ、お読み頂けましたら幸いです。

 

 そして、ブログを訪問してくださった方だけに、スペシャルなお知らせです。

 

日経DUAL、次回12月分が最終回となります・・・・

 当初、6回で終了の予定でしたが、いろいろな力が働き、次回14回まで走り抜くことができました。筆者の私自身、寂しい思いは正直、隠し切れません。とはいえ、万事いつかは終わりが来るものです。その点、現実を確と受け止めております。

最終稿は、駐夫としての集大成となる記事をお届けしたいと思っています。 

 乞うご期待!!!

ABOUT ME
ちゅうおっと
ご連絡・問い合わせ等々は、konishi@muj.biglobe.ne.jp までお願いします。
error: Content is protected !!