駐夫・主夫としての心境

駐夫の「モヤモヤ」の本質は何か これまでの延長線上で考えていた?

 駐夫です。

 ハッとさせられる、大きな気付きを得られたツイートに出会った。

 同行に伴い、休職している自らについてキャリアの中断、断絶などと受け止めていたし、実際そうだと思っていた。信じ切っていた。

 

 しかし、それは、日本時代の延長戦ですべての物事を考えていたからではないか。

 

 元ツイートの

 「1回海外に出ると、日本の一般的なルールをある意味外れるので、他人の目がきにならなくなっていい」

 「例外になれる」

 「日本のレールに乗ってたときは・・・自分で自分を枠にはめて・・・」 

 いずれも、ストンと落ちる指摘だ。

 

 常にくっついて離れない、モヤモヤ、アイデンティティークライシスの喪失・・・。

 すべて、日本時代のレール上に沿って、あらゆる事象を捉え、日本的ルールの範疇で、カテゴライズしていたのではないか。

 この2年、脳内を支配していた、モヤモヤした思考過程の本質が見えてきた気がする。

 

ABOUT ME
ちゅうおっと
ご連絡・問い合わせ等々は、konishi@muj.biglobe.ne.jp までお願いします。
error: Content is protected !!