駐夫・主夫としての心境

このブログ、誰が読んでるのだろう? ちょっとばかり分析してみた

 駐夫です。

 いつもお読みいただいている方も、しばしばの人も、はたまた、初めて訪れてくれた読者もいるかもしれません。

 本ブログも始めてから、2年ちょい。更新が滞ったり、集中的に更新したりと、安定しているとは言い難いですが、おかげさまで、1日あたり、1カ月あたり、相当のビューを記録しています。(実数は秘密)

 さて、始めてからかねがね疑問に思っていたテーマに、きょうは切り込みます。

 それは「どこの誰が読んでいるのか?」

 もちろん、そんな細かいことまでわかるはずがないのですが、グーグル先生(Googleアナリティクス)のおかげで、大雑把には判明しているので、少しばかり紹介します。

 念のため、強調しますが、誰が読んでいるかまでは、グーグル先生ですら特定できるはずがありませんので、皆さま、どうぞご安心して、今後もお付き合い、ご愛読ください!! 

 まさにこれを書いている今の最新データ(直近1週間)をみてみます。

 どの国からアクセスされているかというランキング・トップ10は、

1 日本

2 米国

3 オーストラリア

4 ドイツ

5 メキシコ

6 マレーシア

7 バングラデシュ

8 ブラジル

9 カナダ

10 チリ 

 となっています。

 やはりというか、まさかというか、日本がトップなんですね。しかし、米国との差はほんのわずかです。

 他の国は、インド、トルコ、韓国、フランス、イギリスなどから、この1週間、アクセス頂いているようです。

 日本国内は、東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏を中心に、関西都市圏、中京都市圏、福岡都市圏、北海道など都市部が中心ですね。

 米国内では、カリフォルニア、ニューヨーク、おひざ元のニュージャージー、テキサス、イリノイなど、日本人が多い地域が上位を占めています。日本語ブログですから、そりゃそうですよね。 

 

 日経DUAL、プレジデントウーマンなどの記事がアップされると、プロフィールにブログのアドレスを載せているため、アクセス数が飛躍的に伸びます。ただ、問題は、その後。前述の通り、更新も滞り、そもそも面白いのか否かの問題もあってか笑、そのアクセス数が続かないのが、古くて新しい課題ですね。

 ブログを通じて、実に多くの方から連絡を頂く機会に恵まれています。本当にありがたいことですし、やりがいがさらに倍加します。駐妻の方、駐夫の方、さらにはプレ駐妻、駐夫の皆さまからが大半ですが、多少なりともお役に立てているのであれば、ただただ嬉しい限りです。

 これからも、私が駐夫である限り、続けていきますので、引き続き、どうぞよろしくお願いします。そして、重ね重ねですが、いくらグーグル先生とはいえ、特定などできるはずがありませんので、あらためてですが、ご安心しながら、お楽しみ、お読み頂けましたら幸いです。(すいませんが、ホントによろしくお願いします!!!)

ABOUT ME
ちゅうおっと
ご連絡・問い合わせ等々は、konishi@muj.biglobe.ne.jp までお願いします。
error: Content is protected !!