NJ・新生活立ち上げ

ムービングセールに行ってきました!

 アメリカでは、転居などで、引っ越し先に持っていけないものを売りさばく「ムービングセール」が主流ということを、こちらに来てから知りました。日本でいう、フリーマーケットみたいなもんですね。

 実に、アメリカらしい慣習だと思います。豊かな物資を「これでもか」というぐらい消費する社会である一方、循環型社会でもあるんですね。

 「その人にとっての不用品も、ある人には宝の山」!!

 渡米して間もなく2か月。先日初めて、このセールを経験することができました。

 多くの戦利品を、格安でゲットできた上、子どもにも大喜びされて、駐夫としては、なかなか満足の1日となりました。

 帰国が決まった日本人の数家族の方々が、ソファーやテーブル、洋服やランプ、はたまた滑り台や寝袋、雪かきシャベル等々を放出してくれた、そのセールはニュージャージーでも屈指の高級住宅街の住居内で開かれました。

 2日間にかけて開催するとの案内でしたので、開始15分後ぐらいに着いても、そんなに人はいないだろう、、と高をくくっていたのが大間違い・・・・。

 

 周辺の路上は、日本人駐妻たちのクルマであふれ、縦列駐車の場所を見つけるのも一苦労。何とかスペースを見つけ、会場に滑り込むと、これがまた、何というか「都心デパートの婦人服売り場のセール状態」 (笑)

 当然というか、平日昼に、働き盛りの男が異国で参加しているはずもなく、私以外に見た男性は、アメリカ人とおぼしき人だけでした。

 とても多くの女性であふれ、アウェー感が漂いまくる会場ではありましたが、買い物好きを自認する以上、遠慮は無用。果敢に突っ込んでいき、出品者とも会話をしながら、商品を見定め、購入しました。 戦果は以下の通り、、、

 これで、計31ドル。赤い寝袋が一番値が張って15ドルでしたが、ラジコンのパワーショベルは1ドル、ランプが3ドル、書籍は無料でしたので、こども用の英語本と、ワタシ用の歴史小説をもらってきました。

 まだ来たばかりでこんなことを言うのもなんですが、いずれは米国を離れる時が訪れます。こちらで生活していれば、モノはどんどん増えるわけですが、日本の自宅には入りきらないし、海外引越は荷物制限があるわで、瞬間的に将来のことが頭をよぎりました。

 案内を頂いた方、そして、開催してくれた方、どうもありがとうございました!!

励みになりますので、宜しければ、クリックしてください!!


子育てパパランキング