日米の異文化考察

米国郵便は「何が届くか」メールで知らせてくれる

駐夫です。

ほどなく、渡米1年となる。

毎日届く郵便物について、最近知ったばかりだが、実に便利なサービスがあるので、少しばかりご紹介を。

小泉純一郎元総理の執念と情熱で実現した「郵政民営化」の評価は、まだ定まっていない。もうしばらく、時間が必要だと思うが、今国会では、水道を民営化するための改正法案が成立寸前とのこと。大丈夫だろうか、日本。

f:id:Americalife:20181205153553j:plain
こんな感じのメールが毎朝、届きます。

前置きがいつも長くて恐縮。

米国の郵便事業を行う「United States  Postal  Service」による、その日に配達予定の郵便物、小包を知らせてくれるサービス「Informed  Delivery」が、かなり使えるのだ。

写真を見てもらえばいいが、いちいちスキャンしているのかどうか、よくわからない。誰から、どこから、どんな郵便が誰あてに届くのか、ということが事前にわかると、心の準備もできる。心待ちにしていた知らせがようやく届く、、とか、ネット通販で注文したものが今日手に入る、、ということもわかる。

登録は簡単。USPSのサイトから、住所や名前などを登録し、サービス申請をすれば、数日後、「Invitation Code」が記された文書入りの封書が届く。これに基づき、サイト上で、登録を済ませれば、もう翌日からメールが送られてくる。

限られた米国生活。泊まりでの国内各地も行きたいし、もちろん海外も行きたい。日本への一時帰国もある。自宅を不在にした帰宅した後、郵便ポストを見てびっくり、、なんてことも防げる。送った、届いてないのトラブルになっても、ひとつの証拠になるだろう。

諸々のサービスレベルが平準化されておらず、イラッとすることも多い米国だが、意外に優れたサービスもある。特に、ネットでの各種チケット購入、利用後すぐメールが届くサーベイ依頼、先日のディズニーのマジックバンドなどは感心すること大だ。その辺は、いずれ、書いてみたい。